ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 導入事例 認定こども園・保育園・幼稚園
  4. 【忍ケ丘いるかこども園】誠意と熱意があり私たちの視点で考えて頂ける給食委託業者であり、パートナーには必要なことであると感じました。

【忍ケ丘いるかこども園】誠意と熱意があり私たちの視点で考えて頂ける給食委託業者であり、パートナーには必要なことであると感じました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【忍ケ丘いるかこども園】誠意と熱意があり私たちの視点で考えて頂ける給食委託業者であり、パートナーには必要なことであると感じました。

薄味で素材の味を活かしており、他社と比べて一番美味しく私達が思う保育園給食のイメージに合っていました。試食会に参加したメンバー全員に確認したのですが、全員が「一番美味しかった」という意見でした。

1.お客様情報

yamatosanzan_owner.png

社会福祉法人京慈会 http://keijikai.or.jp/
幼保連携型認定こども園忍ケ丘いるかこども園

理事長 兼 園長 白川 京林 様

社会福祉法人京慈会は「日本の未来を担う子ども達のためにお役にたちたい!!」という思いから2013年3月に大阪府四條畷市において法人認可を受けました。

「安心して子どもを産み育てることができる社会をつくるために!!」

子どもを安心して預けることができる保育園を地域に提供する。

それが京慈会の目指すことです。

また、地域の交流を大切にし、近隣の方々にも気軽にご利用いただけるよう、活気あふれる施設づくりに日々努力してまいります。

2018年4月には兵庫県西宮市に西宮コペル保育園を、2020年4月には京都府長岡京市に長岡京コペル保育園を開設しており、今後もあるがままの子ども達を受け入れ心から慈しみもって子ども達に接し、無限の可能性を持った子ども達に「自信をつけさせてあげたい」「その子にしかできないことを伸ばしてあげたい」という想いを持って運営させていただいています。

2.導入前の課題(悩みや要望)

  • 病児保育の併設で保育業務の専門性が非常に高いことから、給食を委託にすることで保育業に集中し保育のクオリティを高めたいと考えました。給食会社は経験豊富な名阪食品様にお願いすることで安全安心を確保しました。

子どもたちに安全で美味しい給食を提供したい。

当初からこの想いはありました。しかし、保育園の設立が初めてでしたので、離乳食やアレルギー食への対応、衛生管理についての知識が少なく、自前で運営するのは難しいと感じていました。さらに保育園には0~5歳児まで預かり、今回は病児保育の併設もありましたので、非常に専門性が高く、子ども達の口に入るものという事で絶対に食中毒やアレルギーの事故の発生が無いように、しっかりとした衛生管理を行うことができ、子ども達に安心して給食を提供するために、経験豊富な給食委託業者にお願いする方が安心だと思い、給食については業務委託を前提に話を進めていました。

また、開園前の準備が保育業務の方で手一杯でしたので、調理員の確保、食材の仕入先、献立の作成等の給食に関わる業務まで手が回らなかった事も委託給食会社さんに任せた理由の一つです。

給食は保育園運営にとって大きなウエイトを占めておりますので、委託給食会社さんにお願いする事によって保育業務に集中する事ができ、今になって思えば良い選択が出来たと思います。

3.導入の決め手

yamatosanzan_staff.jpg

当時は4社ほど給食会社さんの話を聞いておりました。各業者さんの提案や試食会に参加させていただきましたが、その中で名阪食品さんの試食会で奈良県桜井市の本社に伺った際、いただいた食事が薄味で素材の味を活かしており、他社と比べて一番美味しく私達が思う保育園給食のイメージに合っていました。試食会に参加したメンバー全員に確認したのですが、全員が「一番美味しかった」という意見でした。

また当園の「忍ケ丘いるか保育園」(当時)の名前にちなんで、試食会場にイルカのぬいぐるみ等の飾りつけを準備して頂いたことも非常に好印象でしたし、仕入部の見学もさせていただき、野菜や冷凍食品、加工品まで実際に使用する食材の品質やどの様にして私たちの園まで配送されるのか等を包み隠さず公開してくれました。ここまで対応していただいた給食会社は他にはなかったので、非常に誠意と熱意をもって私たちの視点に立って考えていただける給食委託業者であり、共に園を作っていただけるパートナーにはこういった姿勢が必要であると感じました。

開園前から厨房レイアウトや食器の提案等、給食に関わる事をなんでも相談出来たことも心強かったです。特に厨房レイアウトは私たちが見てもそれが良いのか悪いのかよくわかりませんので、名阪食品さんに設計の定例会議にも出席していただき、厨房の動線や本当にこの厨房機器は必要なのかどうなのかなどの選定や、食器についても様々なデザインや材質のものをご提案してもらえてさすがプロだなと感じました。

また他の園から名阪食品さんの評判も聞いていましたので、「ここなら安心して給食を任せられる」と思い、最終的にお願いする事にしました。

4.導入の効果

  • 毎日違う献立で新メニューもよく提案してもらえているので、バリエーションも豊富で子ども達も飽きる事なく毎日喜んで給食を食べています。野菜もふんだんに使用して頂いており、家では野菜嫌いな園児でも給食では進んで野菜を食べるといったこともあります。

お迎えの時間に保護者様が展示食をご覧になって「お昼からこんなに栄養あるもの食べているんだね」「美味しそうなもの食べてるのね」というお声は良くいただきます。 普段は忙しくされている保護者様にとって一日3食のうち1食でも栄養バランスがとれている食事が出来ていることはとてもありがたい事だと感じます。

最近では新型コロナウイルスの影響で登園することが出来なくなった園児の保護者様からは「給食がいかに肉や魚、野菜など様々な食材を使い、栄養バランスもとれている食事なんだ」と再認識された方もいらっしゃいました。

一ヶ月間毎日違う献立で新メニューもよく提案してもらえているので、バリエーションも豊富で子ども達も飽きる事なく毎日喜んで給食を食べています。

野菜もふんだんに使用して頂いており、家では野菜嫌いな園児でも給食では進んで野菜を食べるといったこともあります。

また、いるかこども園以外に当法人では西宮コペル保育園、長岡京コペル保育園の2園を運営しているのですが、名阪食品さんに一括で委託している事で開園時には給食に関しては悩む事なく全てお任せ出来、日々の給食についても献立内容や提供方法、アレルギー対応や行事食等の情報が共有でき、職員にとっても運営しやすいのが法人としてとても大きなメリットです。

5.導入から現在までの感想

良い点でいえば調理員の方と園との距離が近く、当園の方針をよくご理解していただき、お互いが気兼ねなく良い意見も悪い意見も出し合える非常に良い関係性を築けているかと思います。

当園では病児保育も行っていますので、当日急な園児の受け入れや園児の体調によって献立内容が変わるケースもあります、「ごはんをお粥に変更してほしい」、「消化の良いうどんに献立を変更してほしい」、そんな要望にも嫌な顔をせずに対応して頂けていますので、調理員さんには本当に感謝しています。

また、食育活動や行事も一緒に手伝っていただき助かっています。保育園ではどうしても男手が少なく、例えば、もちつきの際なかなか上手くできておりませんでしたが、名阪食品さんの本部から男性の方たちが応援に来ていただき、力強くお餅をついてくれますので、毎年園児からも大好評なイベントの一つになっています。

少し前に白米の炊き上がりが少し悪く感じた時がありました。当法人の他園で食べ比べても、米の味やツヤに明らかに違いがありました。栄養士さんや調理員さんにも相談させてもらい、すぐに違う品種の提案や米の炊き方の指導等を行ってもらいました。毎月1回給食会議を行っていますが、会議を待たずとも直接栄養士さんに確認出来たり、調理員さんに伝えた事がすぐに本部の担当者や栄養士さんに伝わり、迅速に対応、改善していただけていますので園としては非常にありがたいです。

6.これから

copy_yamatosanzan_facade.jpg

今後、蓋を開けてみたら「名阪食品は子ども達の成長にとって、良いものを提供しているな」という事が目に見えてわかる様になればより安心感が出てくるのではないかと思います。

乳幼児期という何事にも興味があり、何でも吸収する時期に食事をする楽しみや食材と触れ合う事が将来こども達にとって大きな財産になりますので、その非常に大切な時期に安心してお任せ出来る名阪食品さんには今後も期待しております。

法人立ち上げ時からのお付き合いですので、今後も引き続き美味しい給食をお願いします。

給食委託の
ご検討・ご相談はこちらから

給食に関するお問い合わせ・お見積り依頼

給食委託に関する
お見積り依頼・ご相談はこちら

資料ダウンロード

給食委託に関する資料の
ダウンロードはこちら

その他のお問い合わせ

その他の会社に関する
お問い合わせはこちら