1. 給食委託会社 - 名阪食品株式会社 TOP
  2. 名阪食品の特長
  3. アレルギー対応について

Allergy-Free

アレルギー対応について

安全・安心な給食にかかすことができないアレルギー対応。園児様の口に運ばれるまで、あらゆるリスクを想定し、アレルギー事故が起こらないよう万全の対策を行います。

食物アレルギーの考え方

私たち名阪食品は、園内でのアレルギー発症をなくすことを1番の目的とし、食物アレルギーを有するお子様も、安全・安心な生活を送ることができるよう安全性を最優先に考えています。また、従来の栄養価の充足や美味しさ等が十分に確保されるようさまざまな取り組みを行っております。

医師の診断に基づき行います

食物除去の申請には医師の判断に基づいた診断書の提出を必須とさせていただいております。
原因食物の解除を行う際も、同様に医師の診断書を提出していただきます。

面談を行い双方合意のもと実行します

食物アレルギーをお持ちのお子様が入園する際には、事前に保護者様・園様・当社の担当栄養士・事業所主任の4者で面談を行います。
面談では、上記の診断書をもとに、家庭での除去の程度や園生活で気を付けなければならないことなどを中心に話し合います。

安全性確保のため、原則として完全除去で対応します

安全性確保のため、従来の多段階除去食提供や代替食提供は行わず、原因食物の完全除去対応を原則としています。完全除去対応を提供する上で、代替食と除去食があり、十分な安全性が確保できない場合は除去食対応とさせていただきます。
アレルギーの度合いによっては、家庭からお弁当を持参いただく場合もあります。

代替食対応

代替食の場合、完全除去した献立に代替する食材を加える。

除去食対応

除去食の場合、完全除去した献立に代替はしない。

アレルギー対応の流れ

事前準備

園児様の状況に合わせて食材を変更、必要に応じて園を通して保護者への聞き取りを密に行い、お客様の要望をもとにアレルギー除去食や代替食での個別対応を行います。

その1

4者面談

医師の診断書をもとに4者面談を行います。各種書類は園様と当社で共通理解を図るため、双方で保管します。

その2

アレルゲンの確認

献立で使用する食材のうち、対象のアレルゲンがどんな食材の原材料に使用されているか把握します。

その3

初めて使用する食材・商品のアレルゲンのチェック

初めて使用する食材や商品は必ず規格書や成分表を確認し、現場の調理員と献立を作成する担当栄養士でアレルゲンのダブルチェックを行います。

その4

お打ち合わせ

面談をもとに、園様と対応方法・手順・確認作業の方法などを打合せます

その5

アレルギー児一覧表・食札・チェック表の作成

アレルギー児一覧表・食札・チェック表などを作成します。また、加工食品を使用する場合は、必ず最新の規格書をそろえて確認します。

その6

園様と保護者様へ確認

予定の月間献立のアレルギー対応について、事前に献立表を配布し、園様と保護者様にご確認いただきます。

前日準備

ミーティング

除去食の担当者・取り分けるタイミング・使用する器具・調理の順番などを打合せをします。

調理工程のチェック表作成

アレルギー対応を書きだし、チェック表を作成します。当日は作成したチェック表を用いて確認します。

規格書と原材料の再確認

納品された加工品等の食材に関して、原材料を確認します。その際、規格書の表示と一致しているかの確認も行います。

当日

STEP01

朝礼時、献立の読み上げ

朝礼にて出勤者全員で、当日のアレルギー対応と園児の出欠確認を行います。
また、献立の読み上げを実施し、その際にアレルギー園児名、除去食材、代替品も合わせて確認を行います。

STEP02

調理

調理時は、コンタミネーションを避けるため、なるべくアレルギー対応食と通常食の調理を同時に行わないようにします。

STEP03

個別に盛り付け

出来上がったアレルギー対応食は、専用の容器に盛り付け、ラップをしコンタミネーションを防止します。
おかわり分も、アレルギー対応食と通常食が明確にわかるようにラップやテープ等に明記して管理します。
盛付後は、食札を用いて通常メニュー・除去食材・代替品を確認し、読み上げながら料理内容と一致しているかを確認して提供します。

STEP04

チェック表でダブルチェック

配膳前には、チェック表を用いて除去対応が確実にできているか2人以上で確認します。

STEP05

配膳

配膳時は、先生に手渡しし、その際口頭でアレルギーの対応内容を確認します。

名阪食品のアレルギー対応に関する
ご相談はこちらから

アレルギー対応に関する資料ダウロード
アレルギー対応に関するお問い合わせ

アレルギーミスをなくす取組み

調理時には、コンタミネーション防止の為に調理区分を厳格に守り、見やすい一覧表や食札を作成するなど誤配が起こらないように徹底管理をしております。

アレルギー献立表の確認

毎月、月末に翌月のアレルギー献立表作成。献立のチェック、園児名・除去物・代替え又は除去食品を書きだし、担当栄養士と厨房でのダブルチェックの上、調理を行っています。

規格書保管

規格が変わった時に原材料も変わり、それがアレルゲンだったということも起こりうる。最新の規格書を厨房に保管している。

見やすい一覧表

厨房の目立つところにアレルギー対応一覧表を掲示しています。常に確認しながら作業を行っています。

見やすい食札

1人1枚食札を作成し、除去するアレルゲン対応方法などを内容を記載します。

アレルギーに関する社内研修

マニュアルの周知徹底や本部栄養士による指導、主任向けの研修会などを実施しています。

「食物アレルギー対応マニュアル」の作成・全事業所に配布

栄養士による事業所のアレルギー対応の点検

事業所主任対象のアレルギー研修会

3大アレルギーフリー対応も可能

3大アレルゲンである乳・卵・小麦粉を使用しない献立もご用意しております。入園・進級後の数ヶ月だけアレルギーフリーの献立を使用、特定の曜日のみアレルギーフリーの献立を使用など、ご要望に合わせて対応が可能です。

アレルギーフリー献立の資料を
ダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

Contact

お問い合わせ

給食委託に関する
お問い合わせ・ご相談はこちら
お問い合わせ・ご相談はこちら
給食委託に関する資料の
ダウンロードはこちら
資料ダウンロード
給食委託に関する
お見積り依頼はこちら
お見積り依頼こちら
その他の会社に関する
お問い合わせはこちら
その他のお問い合わせ

お電話での
お問い合わせはこちら

平日 9:00~17:00

  • 京都府・奈良県・和歌山県のお客様
    奈良事業部:0744-43-8103
  • 大阪府・兵庫県のお客様
    大阪事業部:06-6942-5091
  • 三重県のお客様
    三重事業部:0595-24-1922
  • 滋賀県・愛知県・岐阜県・静岡県のお客様
    名古屋オフィス:052-856-5691
  • 関東圏のお客様
    関東事業部:048-650-6682
  • これら以外のお客様
    本社(大阪府):06-6948-5245
    奈良本社::0744-43-9090
セミナー情報