ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 導入事例 病院
  4. 【南和病院】密にコミュニケーションを取っていただける、迅速な対応をしていただける給食会社を探していました。

【南和病院】密にコミュニケーションを取っていただける、迅速な対応をしていただける給食会社を探していました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【南和病院】密にコミュニケーションを取っていただける、迅速な対応をしていただける給食会社を探していました。

名阪食品様は“地域密着”ということを提案の中できちんと説明してくださり、当病院のような少し都市部から離れた場所でもしっかり対応していただけると感じました。また、医療関連サービスマーク(医療関連サービスマーク振興会が定めている“良質な医療関連サービスの提供に必要な要件”を満たすサービスに対して認定するもの)も取得されており、これまでの業績や経験も踏まえて信頼できると感じました。

1.お客様情報

nanwahosp_staff.jpeg

医療法人弘仁会 http://www.koujin.jp/ 

南和病院 栄養科 

科長代行 管理栄養士 阪本真奈美 様

【阪本様より一言】
開設当初から南和病院の管理栄養士として勤務しています。
「患者様には栄養バランスはもちろんですが、なによりも美味しいお食事を食べてもらいたい」と考えています。患者様の情報は人から聞いた情報だけでなく、自ら患者様とお会いして確認するようにしてしており、食事形態の変わった方や、喫食量が減っている方など、患者様の変化を確認した後は必ずお会いすることを心がけています。お食事の評価は用紙を配るのではなく、実際に患者様のもとに足を運んで直接お話を伺うなど、患者様とのコミュニケーション作りを大切にしています! 

南和病院は平成14年12月に開設した長期療養型病床が96床, 急性期一般病床が42床の病院です。これまで、南和病院がある奈良県吉野郡が位置する南和地域には長期療養型病床が殆どなく、在宅での介護や施設での療養も難しい患者様の受け皿がありませんでした。開設以来、このような患者様、なかでも比較的重症の患者様(医療区分2や3)を積極的に受け入れており、最近では外来通院できない透析患者様や、パーキンソン病などの難病患者様、喀痰の排出が困難で気管切開を受けられた患者様が多く入院していらっしゃいます。『心の通うぬくもりのある医療』こそが、治療・療養に専念する患者様にとって最良の薬になるという理念のもと、患者様が安心して治療に専念できる療養環境を提供し、常に良質の医療を提供できるように自己研鑽に努めています。名阪食品様には平成21年から委託をお願いしており、現在11年目になります。

2.導入前の課題(悩みや要望)

  • 連携の取れた信頼関係を築きたい

以前の委託業者様は、本社が当病院から遠かったこともあり、急な不備が起こったときや、用事があるときにすぐには対応してもらえないということが気になっていました。ですので、もっと密にコミュニケーションを取っていただける、迅速な対応をしていただける業者様にお任せしたいなと考えておりました。

3.導入の決め手

nanwahosp_restaurant.jpeg

はじめの段階では、3社の委託業者の候補がありました。しかし、その中でも名阪食品さんは“地域密着”ということを提案の中できちんと説明してくださり、当病院のような少し都市部から離れた場所でもしっかり対応していただけると感じました。また、医療関連サービスマーク(医療関連サービスマーク振興会が定めている“良質な医療関連サービスの提供に必要な要件”を満たすサービスに対して認定するもの)も取得されており、会社概要について説明していただいたことだけでなく、これまでの名阪食品さんの業績や経験も信頼できると感じたことも、名阪食品さんに委託を決めたポイントです。

4.導入の効果

  • 親しみやすく、信頼できる社員

以前から、気になっていた「対応が遅い」ことは名阪食品さんに委託をお任せするようになってから感じなくなりました。何かあれば、すぐに来て対応してくださるので大変助かっています。また、名阪食品の方々はどの方も親しみやすい印象があります。管理チームの方は日常のたわいもないことやほんの些細な事も伝えに来てくださり、しっかりコミュニケーションを普段から取ってくださるので、何か困ったときや些細な要望であっても相談しやすいです。また調理員の方においても長い間当病院で働いてくれている方もいらっしゃってお顔も知っていますし、いつもてきぱきと動いてくださるので信頼しています。パートさんや社員の方が変わることも多々ありますが、その場合でもきっちり引継ぎをし、業務に支障のないように対応してくださるので、人材についてはお任せしていますし、社員の方やパートさんの教育をしっかりしていらっしゃるなと感じています。

お食事の味に関しましても大変好評であると感じています。当病院では年に4回、栄養士が巡回して患者様の声を直接聞き嗜好調査を行っています。いつも、患者様から「おいしい」のお言葉をいただけるので、これも名阪食品の調理員の方々が当病院の献立内容をきっちり理解し、おいしく調理してくださっているおかげだなと思っています。また、患者様のご要望に可能な限り対応してくださるので、調理員さんにとっては大変かもしれませんが、こちらは本当に助かっています。

5.導入から現在までの感想

先ほども述べましたが、名阪食品さんは親しみやすい印象が強く、その親しみやすさが当病院との信頼関係や患者様の満足度につながっていると考えています。その一例として、お正月のお食事があります。名阪食品の管理チームの方が巡回されたときに、話をしている中で「せっかくのお正月であっても、ここは病院なので家に帰れない患者様が多くいる。それでは日常と何も変わらない。患者様にも、いつもと変わらないお食事ではなく何かお正月の雰囲気が出ることが出来ないかな」という話になりました。すると、名阪食品の管理チームの方が「お重ならこちらで用意できるので、お重にお食事を入れて提供してみたらどうか?」と提案してくださいました。そして、その年以降、お正月にはお重で食事を提供するのが恒例となり、患者様にも毎年楽しみにしていただいています。これは、普段からきっちりコミュニケーションを取っていた名阪食品さんだからこそ、相談できたことであり、実現できたことであると思います。

また、患者様それぞれのお誕生日の日には個別に和菓子をつけてくださいます。ちょっとしたことですが、誕生日当日に入院になってしまった方や、誕生日の日にどうしてもご家族に会えなかった方など、患者様にとって、このようなサービスは元気が出る大きなきっかけになっていると思います。これは、ほんの一例ですが、このような患者様に少しでも喜んでいただけるような名阪食品さんの配慮には、とても感謝しています。

6.これから

copy_nanwahosp_facade.jpeg

これまでも、迅速な対応をしてくださったり、定期的な管理チームの方の巡回であったりと、積極的にコミュニケーションを取ってくださり、情報共有をしてきました。しかし、患者様に対する嗜好調査の中でも100%が高評価ではなく「野菜が噛みきれない」「食べにくい」などご指摘をいただくこともあります。作業効率やコストを考えると仕方のないこともあるかもしれませんが、今後まだまだ改善の余地はあると思います。

これからも当病院と名阪食品さんで更なる連携を取ることで、患者様が日々おいしい食事を召し上がっていただけるように努めていきたいと思います。

給食委託の
ご検討・ご相談はこちらから

給食に関するお問い合わせ・お見積り依頼

給食委託に関する
お見積り依頼・ご相談はこちら

資料ダウンロード

給食委託に関する資料の
ダウンロードはこちら

その他のお問い合わせ

その他の会社に関する
お問い合わせはこちら