ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 給食委託会社の適切な選び方とは?ポイントを押さえて契約後のトラブルを回避!

給食委託会社の適切な選び方とは?ポイントを押さえて契約後のトラブルを回避!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給食委託会社によって対応力や掛かるコスト、さらには品質などに違いがあるため、委託先選びは慎重に行いたいところです。

しかし、どんなポイントに注目して選択すればいいのか迷うこともあるでしょう。

今回は、事前に確認すべき給食委託会社の基本情報や選ぶポイントを解説していきます。
よいパートナーとなる委託先に出会うためのヒントとして、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

1.委託前に確認すべき基本情報とは?

確認しておくべき給食委託会社の基本情報として、「支払い方法」と「調理方法」があります。
それぞれ採用されている方式が給食委託会社により異なるため、事前にしっかり確認しておきましょう。


(1)支払い方法には大きく2種類ある


給食委託会社への支払い方法には、主に「委託費制(管理費制)」と「食単価制」の2種類があります。


①委託費制(管理費制)

給食委託会社で広く採用されている方式で、「委託費制」や「管理費制」と会社によって呼び方に違いがあります。
委託費制では、1ヶ月に掛かる人件費や各種経費などの定額費用に、食材費(食数により変動)を加えた金額が支払われます。


②食単価制

1食あたりに掛かる食材費や各種経費などを算出して定める方法です。
利用者数が多く、なおかつ食数の変動が少ない社員食堂などで導入されるケースがあります。

 

(2)調理方法は給食委託会社によりさまざま


給食委託会社によって対応している調理方法は異なります。
希望の調理方法が対応可能か、あるいは幅広い選択肢のなかから調理方法を選べるのか、
事前に必ず確認しておきましょう。
調理方法の一例としては、次のようなものがあります。

①現地調理

委託先の栄養士や調理員が自施設の調理場で調理を行い、給食を提供する方法です。

②クックチル

急速冷却を施して保存した料理を、再加熱して提供する調理方法です。調理場には、クックチルの機器やフリーズした食品を保管しておくためのスペースが必要となります。

③現地調理+クックチル

「現地調理」と「クックチル」を組み合わせた方法もあります。
クックチルのフリーズした食品を使用することで調理の時短・効率化につながり、一方で個別の要望にも対応できる現地調理によるバリエーション豊富な献立の提供が可能です。

 


2.給食委託会社選びのポイントとは? 対応力やコスト面をチェック

給食委託会社を選ぶときには、現在抱えている課題を解決できるかどうかが重要なポイントです。
ここでは、実際に施設から挙がりやすいお困りごとを例に、さまざまな視点から委託会社選びのポイントをお伝えしていきます。

POINT1:献立や食材への要望に柔軟に対応してくれるか

給食を委託するなら、味・品質・対応力に信頼を置ける会社に依頼したいところです。
しかし、委託先によってはお客様から次のような声が挙がってしまうことも。
「献立の量が少ない。美味しくない」
「同じ食材が続いてメニューが代わり映えしない」
「アレルギー対応含め、お客様の要望に応えてくれない」

味や品質はもちろん、給食においてはどれだけ柔軟にお客様の要望に対応してくれるかというのも重要なポイントです。
そのため、味や献立、食材の品質管理だけではなく、
「適温での提供をしっかり行ってくれるか」、
「お客様の体調やご要望に合わせた食事を提供してくれるか」など、

事前によく確認しておきましょう。 

POINT2:本部・厨房スタッフとの連携はきちんと取れるか


「委託先の派遣スタッフに施設からの要望を伝えても、一向に改善される様子がない……」

これは、給食委託会社の本部と厨房スタッフ間での指示や伝達がきちんと行われていない場合に起こり得ることです。
連携が不十分である場合、ほかにも次のようなことが懸念されます。
「アレルギーや食事形態の提供ミスが続く」
「調理スタッフの勤務態度が悪い」
「シフトの連絡ミスでスタッフが来ない」
このようなミスやトラブルを、給食委託会社の本部がきちんと把握し対応できる体制が取れているかどうかも注目すべきポイントです。

契約前に、指示・連絡の伝達方法をしっかり確認しておきましょう。 

POINT3:コスト面での費用対効果はどうか

給食委託会社を選ぶときには、コスト面も重要なポイントです。
委託先の会社の値上げを機に、より安く請け負える給食委託会社に切り替えを検討するという事例もよく見られます。
しかし、委託に掛かるコストのなかには食事の味や品質のみならず、衛生管理体制や人材の確保などの長期的な利益も含まれています。

お客様の安全を守る意味でも、この長期的な利益も踏まえて判断することが大切です。
コストを重視しすぎることで味や品質を落としてしまっては、利用するお客様の満足を得られません。
そうならないためにも、委託先の候補となる複数社に問い合わせ、味・品質・コストのバランスを比較し、自施設のニーズに合った給食委託会社を選びましょう。
 


3.施設形態別のポイント

給食委託会社を選ぶポイントは、施設の形態によっても異なります。
ここでは、幼稚園・保育園をはじめ、高齢者施設や病院に分けてそれぞれの会社選びのポイントを解説していきます。


(1)幼稚園・保育園の場合

アレルギー対応はもちろんのこと、離乳食などは月齢や成長に合わせて食材の固さ・大きさ・形状を細かく確認し、幅広く対応してくれるかがポイントです。
ほかにも、
「食育に力を入れている」
「旬の食材や季節のイベントを取り入れている」など、

園児に喜んでもらうための工夫があるかどうかもひとつの判断材料といえます。 

(2)高齢者施設の場合

咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)が困難な方でも食事が楽しめるように、味だけでなく盛り付けや彩りを工夫してくれるかどうかがひとつのポイントです。
加えてお客様の嗜好や健康状態、持病の把握を行い、それぞれに細やかな対応が可能であるかどうかも重要となります。 



4.ポイントを押さえて適切な給食委託会社選びを


給食委託会社選びでは、「味」「品質」「対応力」「コスト」などいくつかのチェックすべきポイントがあります。
希望に合った委託先に出会うために、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

名阪食品は、創業から50年以上にわたってお客様にご満足いただくための給食サービスを提供してきました。
多種多様なご要望に応えつづけるなかで培われたノウハウ、柔軟性、そして総合力で、より安全で、より美味しい食事をお届けします。

給食委託会社をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

資料のダウンロードはこちらから
給食委託に関するご相談はこちらから

給食委託の
ご検討・ご相談はこちらから

給食に関するお問い合わせ・お見積り依頼

給食委託に関する
お見積り依頼・ご相談はこちら

資料ダウンロード

給食委託に関する資料の
ダウンロードはこちら

その他のお問い合わせ

その他の会社に関する
お問い合わせはこちら