ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. からだよろこぶメニュー
  4. 赤鬼まんじゅう

赤鬼まんじゅう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤鬼まんじゅう

2月といえば、『節分』です。節分の歴史は古く、室町時代の頃中国から日本に伝えられたといわれています。節分の日に豆まきをする理由は、中国から伝わった「鬼払い」という儀式がもとになっており、“みんなが健康で幸せに過ごせますように”という意味を込めて行われてきました。
昨年は保育園給食で、節分の日に手作りの『赤鬼まんじゅう』が提供されました。まだ小さな子どものクラスでは怖がる様子も見られましたが、皆さんとても喜んで完食されていました。

赤鬼まんじゅう(192kcal/一人あたり)

赤鬼まんじゅう

材料(一人前)

ホットケーキミックス粉 20g

牛乳 15g

さとうⒶ  2g

マーガリン 2g

食紅(赤) 0.01g

さつまいも 10g

りんご 5g

ココアパウダー 1g

さとうⒷ  1g

こしあん 10g

無調整豆乳 10g

さとう© 5g

とんがりコーン 5g


作り方

①ボウルにミックス粉、牛乳、さとうⒶ、マーガリン、食紅を入れて混ぜ合わせます。

②まんじゅうの中に入れる餡を作ります。まず、さつまいもを蒸し、マッシュ状にします。次にりんごの皮を剥き、小さく切ったら鍋に入れて適量の水を加えて茹でます。柔らかく煮えたら水気を切り、ジャム状になるよう潰しておきます。そこにマッシュ状のさつまいもを加えて混ぜ合わせます。

③①の生地を丸め、中に②を入れて包みます。オーブン180℃で15分加熱します

④次に目と口になる部分を作ります。ボウルにココアパウダーとさとうⒷを加え、分量外の湯を適量加えて練ります。絵が描ける硬さにし、絞り袋に入れておきます。

⑤次に髪の毛になる部分を作ります。ボウルにこしあん、豆乳、さとう©を入れ、ホイップ状になるまで混ぜ合わせ、絞り袋に入れておきます。

⑥③のまんじゅうを器に盛り付け、⑤で髪の毛を付け、そこにとんがりコーンを挿します。④で目と口を付ければ完成です。

 

給食委託の
ご検討・ご相談はこちらから

給食に関するお問い合わせ・お見積り依頼

給食委託に関する
お見積り依頼・ご相談はこちら

資料ダウンロード

給食委託に関する資料の
ダウンロードはこちら

その他のお問い合わせ

その他の会社に関する
お問い合わせはこちら