• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 仕事力アップメニュー2020年4月

業務内容

仕事力アップメニュー

便秘解消、高血圧予防、脳の活性化メニュー

たけのこ入り鶏つくね(170kcal/一人前)

たけのこ入り鶏つくね

ポイント栄養素

食物繊維、カリウム、チロシン


効果

食物繊維:便秘の解消だけでなく、水分を吸収して膨らむことで食べ過ぎ防止や満腹感の維持にも役立ちます。
カリウム:体内のナトリウムの排出を促してくれるので、必要以上の水分摂取を抑制でき、高血圧の予防に繋がります。
チロシン:アミノ酸の一種で、たけのこを水煮したものにつく白い粒状のものがチロシンです。ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の原料になります。ドーパミンは脳を活性化させ、やる気や満足感、興奮などを作り出します。ドーパミンが不足すると集中力が低下するといわれています。


名阪食品がおすすめするポイント

たけのこはイネ科にあたり、温暖な地域に多く生えています。食用にされているものは孟宗竹(もうそうちく)をはじめ、数種類といわれています。春の味覚を代表する食材として親しまれています。
たけのこは10日間程で、あの竹までに生長してしまうそうです。食べられる期間もほんの一瞬で、土から出るか出ないかというときだけなので、目が離せません。そんなに生長が早いにも関わらず、竹の寿命は百年以上ともいわれています。
たけのこご飯や煮物によく使用されることが多いですが、食感を楽しむということで炒め物や揚げ物にも万能な食材です。
今回は「たけのこ入り鶏つくね」を紹介します。つくねの中にたけのこを入れることで食感を楽しめます。春のおかずやお弁当の一品に取り入れてみてはいかがですか?

バックナンバー