• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 学校給食

業務内容

学校給食

給食も教育の一環

学校給食は、教育の一環として、児童及び生徒の心身の健全な発達に資し、国民の食生活の改善に寄与する事が目的です。学校という教育の場で「ただ食べる」だけでなく、栄養のあるものを美味しく、楽しく、みんなでそろって食べることにより、健康な体作りと共に、望ましい食習慣の形成、好ましい人間関係の育成など、教育上の意義あるものとして給食は重要だと考えています。

食育の推進

地域、学校の実情に応じ、保護者、教職員、栄養士、調理師、を含んだ地域全体が、密接なコミュニケーションを持ち、創意工夫をこらすことが大切と考えます。

食育の推進

  • 給食委員会への参加
    四者協議会(学校、保護者、教育委員会、当社)
  • アレルギー食への対応
  • 学校行事への積極的な参加
    (運動会、学園祭、卒業式など)

徹底した衛生管理

安全・安心な給食を目指し、名阪食品では衛生管理専門の部署としてC&SS室を設置し、衛生管理の情報発信を強化し、「万が一にも食中毒を出さない衛生管理教育の徹底」を行っております。

徹底した衛生管理

  • 衛生管理の基本である「手洗いの徹底」
  • 食中毒予防の三原則である
    「清潔・迅速・加熱または冷却」の徹底
  • 細菌検査の定期実施
  • ドライ運用の推進

詳しくは「安全・安心への取り組み」をご覧ください。

食堂診断とお問い合わせはこちらから

まずは、現在の課題を明確にしたい

長年の給食運営実績に基づいて、課題を明確にします。
※ご希望により改善提案いたします。

具体的に相談したい

  • お気軽にお問い合わせください。