• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 仕事力アップメニュー2018年7月

業務内容

仕事力アップメニュー

夏バテ防止、動脈硬化予防メニュー

うな丼(692kcal/一人分)

うな丼(692kcal/一人分)

ポイント栄養素

ビタミンA、ビタミンB1、EPA


効果

ビタミンA:
目の明暗の感受性を維持する働きを持ち、眼精疲労予防にも効果があります。
ビタミンB1:
糖質をエネルギーに変換し、筋肉疲労で溜まる乳酸の燃焼をサポートします。
EPA:
血液サラサラ効果で動脈硬化症の予防に役立ちます。


名阪食品がおすすめするポイント
7/20と8/1は「土用の丑の日」です。
 「土用」は立秋の前の18日間のことを言います。「丑」は十二支の干支のことで、12日周期で「丑の日」がやってきます。つまり、「土用の丑の日」は、土用の期間におとずれる丑の日を指します。
 日本では古くから丑の日に「う」のつく食べ物(梅干し・うどん・瓜等)を食べると縁起が良いと言われてきました。本来は夏ではなく冬に旬であるうなぎの売れ行きに困っていたうなぎ屋さんが「本日、土用の丑の日」という看板を出すと大繁盛したことがきっかけで、他のうなぎ屋さんも次第に真似をする様になり、「土用の丑の日=うなぎ」というのが定着したとされています。
 うなぎには、体にとって大切なビタミン群はもちろん、ミネラル成分や良質な脂質も含まれています。特にこの時季は、夏バテ予防としてスタミナを付けることが出来ます。「土用の丑の日」に栄養満点のうなぎを食べて猛暑を乗り切りましょう!

バックナンバー