• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 仕事力アップメニュー2017年3月

業務内容

仕事力アップメニュー

動脈硬化予防、風邪の予防、骨粗鬆症予防、がん予防メニュー

ブロッコリーのフリッター(186kcal)

ブロッコリーのフリッター(186kcal)

ポイント栄養素

葉酸、ビタミンC、βカロテン、カルシウム、グルコラファニン


効果

[葉酸]
ブロッコリーに含まれている葉酸は動脈硬化の予防、貧血の予防効果があります。

[ビタミンC]
ブロッコリーにはビタミンCが豊富で、レモンの約2倍量含まれています。ビタミンCには免疫力を高め、風邪の予防に役立つ効果があります。

[βカロテン]
抗酸化作用、免疫力の活性化。

[カルシウム]
骨を健康に保ち、骨粗鬆症などの骨の病気を防ぐ効果があります。

[グルコラファニン]
ブロッコリーに含まれている、グルコラファニンにはピロリ菌などの胃がんのリスクが高まる菌を取り除く効果があるため、胃がんのリスクを下げる効果があります。


名阪食品がおすすめするポイント

ブロッコリーは11月〜3月に旬となります。栄養豊富でおいしい緑黄色野菜として人気が有り、鮮やかな緑色が料理の彩りを良くしてくれるので、幅広いメニューに使用されています。
ブロッコリーは、アブラナ科の植物でカリフラワーと同じくキャベツの変種であります。普段食べている部分は花蕾(からい)と呼ばれる蕾が集まったところですが、茎の部分にも栄養がたくさん含まれているので、捨てずに食べるのがオススメです。
ブロッコリーといえばサラダやシチュー、付け合せなどの幅広いメニューに使用されていますが、今回はフリッターにして中はホクホク、外はカリッとした、ブロッコリーの食感も味わえるメニューです。春はイベントが多いので、栄養が沢山とれるおつまみとしても楽しめるメニューとなっています。

バックナンバー