• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 仕事力アップメニュー2016年10月

業務内容

仕事力アップメニュー

抗酸化作用、ウイルス増殖阻止、血管強化、高血圧予防、整腸作用、貧血予防メニュー

栗の肉巻き(88kcal/1個当)

栗の肉巻き(88kcal/1個当)

ポイント栄養素

タンニン、ビタミンC、ビタミンA、カリウム、食物繊維、葉酸


効果

タンニン:栗の渋皮にはポリフェノールの一種である、タンニンが多く含まれており、抗酸化作用が高く、癌の予防などに効果があると言われています。
ビタミンC:コラーゲンの生成や、ウイルスの増殖を阻止する成分を生成する効果があると言われています。
ビタミンA:血管を強化し、気管支の粘膜を正常に保ってくれる働きがあります。ウイルスの侵入を阻止するのに役立っています。
カリウム:血圧の上昇を抑える効果があり、動脈硬化予防の働きがあります。
食物繊維:便秘を解消するのに役立ち、腸内環境を整える働きがあります。これらは肥満防止にも役立つ効果があると言われています。
葉酸:赤血球を作る際に必要となるので、貧血予防効果があります。また、核酸の合成に関与しているので、妊娠期に多く摂取することで神経管欠損症など、胎児の先天性奇形を予防する働きがあります。妊婦さんにとって大事な栄養素と言えます。


名阪食品がおすすめするポイント

栗は縄文時代から日本人に馴染んできたと言われている歴史深い食材です。栗の主要成分はデンプンで、カロリーも果実類の中で一番高く、少量で効率よくエネルギーをとることが出来ます。また、上記の栄養素以外にもビタミンB1が含まれており、糖質をエネルギーに変える働きがあるので、糖質分解・代謝を助けてくれます。食物繊維はサツマイモより多いので、腸内環境を整える効果もあると言えます。
収穫時期は9月〜10月頃で、現在よくスーパーでも並んでいるのを見かけます。美味しい栗の選び方は、「ハリと光沢があり丸い」、「ずっしりと重みがある」、「穴が空いていない」等に気を付けて選ぶ基準にしてみてください。
栗といえば栗ごはん、赤飯等の主食やスイーツによく使われているイメージですが、今回は茹で栗を肉巻きにしておかずにしてみました。簡単に出来る調理なので、おかずとして食卓に並べながら秋の味覚を楽しんでみて下さい。

バックナンバー